厄払い

厄払い

古くは平安時代から行われている厄払いは身にかかる禍、災難などを払い清め、無難に過ごせるよう祈祷して頂く事を意味します。厄払いを行う時期は、元旦から立春・節分の時期にかけてが多いようです。

厄払い

厄とは、災難や障りが身に降りかかりやすくなると言われる人生の節目のことで、忌み慎む習わしがあり、厄年を迎えると、神様のご加護をいただいて災厄が身に振りかからないよう、神社にお参りして厄祓いをします。
厄年を迎える時期は、ちょうど精神的・身体的・社会的な転換期と重なり、さまざまな面で変化の多い年回りとされています。
それぞれのお願いごとにより、各種祈願祭を斎行いたしております。

古来より人生の節目を「厄年」として忌み慎む習わしがあります。 「厄年」を迎えるころは、ちょうど精神的・身体的・社会的に転換期を迎える時期と重なり、さまざまな面で変化の多い年回りとされています。
数え年で、男性は25歳・42歳・61歳、女性は33歳・37歳・61歳が「大厄」となります。この大厄の前後の年齢が「前厄」「後厄」となります。さまざまな災いからお守りいただきますよう神社にお参りして厄祓いをお受けします。

厄払い / 個人用
厄払い / 団体用
個人初穂料 5,000円~
団体用初穂料 10,000円~
厄払い / 個人用
個人初穂料 5,000円~
厄払い / 団体用
団体用初穂料 10,000円~

その他、新年のご祈祷、仕事始め、健康祈願、病気平癒、商売繁盛、車のお祓い、家内安全、就職祈願、必勝祈願、習い事芸事の上達等の御祈祷も受け付けております。まずはメール、電話、申し込みフォーム等でお気軽にご相談ください。

各種ご祈祷のお申込はこちら

Start typing and press Enter to search