趣旨・入会手続き

豊栄稲荷神社 奉賛会

昭和48年「正甫公の思いに立ち返り、立派な社殿を建てよう!」というたくさんの皆様の思いが集まり、今もなお、豊栄稲荷神社 奉賛会は続いております。

趣 旨

昭和20年の富山大空襲で社殿が焼失し、星井町の旧神社地には簡素な仮の社殿が建てられました。

昭和48年「正甫公の思いに立ち返って、立派な社殿を建てよう」という経済界の盛り上がり、当時の富山商工会議所会頭の成田政次氏や、朝日印刷㈱ 朝日重剛会長の先代、朝日重利氏、北陸中央食品㈱澤田悦守社長の先代、澤田要作、当時、大東交易㈱(現・ダイト㈱)社長の笹山梅治氏らが中心となり、先代の宮司、五十嵐正治氏、元富山藩主・前田家の子孫や、先祖が藩士を勤めていた人々までも集いました。そして県下の有力会社や商店などからの奉賛により、現在の場所に新社殿と社務所を建て遷座することができました。

社殿には、主祭神の稲荷大神配はい祀しの薬祖社【少彦名神】(スクナヒコナノミコト)、前田正甫命、十代藩主で本草学の大家・【前田利保命】(マエダトシヤス)、反魂丹の処方を伝授した【万代常閑命】(まんだいじょうかん)富山藩前田家の先祖の神・成就天満宮(菅原道真公)が鎮座されています。

また、天照大御神を祀る摂社と、伏見稲荷大社を創建した秦伊呂具公、百済から織女として日本へ帰化して呉羽山に住んだ呉くれはとり服女の神、綾あやはとり服女の神を祀る摂社・呉羽社があります。

平成26年11月1日、遷座40周年、創建310周年の節目の記念大祭が行なわれ、近年活動を休止していた奉賛会の再興の気運が高まり、平成27年5月31日の奉賛会結成記念大祭には、富山藩前田家十六代当主・前田章利氏が家族と参拝することとなりました。

その後、前田章利氏が奉賛会の名誉会長、朝日重剛氏が会長、澤田悦守氏が副会長にご就任頂きました。

奉賛会入会手続き

奉賛会への御入会を随時募集しています。会社での入会は年会費1万円を、個人での入会は年会費3千円をお願いしております。会員の皆様には年2回の会報のほか、例大祭へのご参加のお誘いを送付させていただきます。例大祭の後の直会では、会員間での御親睦を深めていただく直会を開催しております(令和4年はコロナのため開催中止)。

Start typing and press Enter to search